note更新しました!

【次世代型ライフスタイルホテル】アロフト東京銀座 宿泊・リモートワークレビュー

今回は東京・銀座にあるホテル、アロフト東京銀座(アロフトトウキョウギンザ)に宿泊してきました。

アートとミュージックに彩られた、新世代のライフスタイルホテル。

アロフト東京銀座は、東京のレストラン・ショッピング・ナイトライフが生み出す洗練された都会的な世界にあなたをお誘いします。アロフトの刺激的で遊び心に満ちたオープンスペースで、カクテル片手に音楽を聞きながら新しいソーシャルなつながりを見つけてください。
ホテル内の壁画や彫刻などのアートは、日本の若いアーティスト、もしくは日本にゆかりの深い外国人アーティストの作品です。ホテルに足を踏み入れた瞬間、「ネオ東京」「ネオ銀座」を感じるクリエイティブな空間でSassy & Savvyなアロフト東京銀座をお楽しみください。

アロフト・ホテルはマリオット・インターナショナルが20の国と地域に150軒以上展開しているホテルブランドで、「different by design(デザインでの差別化)」というブランド哲学を発信し、常時ネット接続を”ON’’にしている次世代旅行者に向けたホテルデザインが人気を博しています。

そしてアロフト東京銀座は2019年1月24日にオープンした日本初上陸のアロフトブランド!

地上16階建て、客室全206室を有し、施設内にはオールデイダイニングやバー、24時間年中無休のフィットネスジム、屋上にはホットドッグやシャンパンを提供するルーフトップバーも併設されています。

そんなアロフト東京銀座についに宿泊…!

今回もボリュームたっぷりですが、満遍なく紹介していこうと思います!

公式サイトこちら

アロフト東京銀座を一休.comで予約する

宿泊日:2021年3月上旬(1泊)
値段:1室25,047円(朝食付き・サヴィー ツイン シティビュールーム)

駅から徒歩2分!アート×音楽×テクノロジーがテーマのライフスタイルホテルへチェックイン

東銀座駅から徒歩2分、銀座駅からは徒歩4分ほどの銀座6丁目に位置している。ホテル周辺には「東急プラザ」や「GINZA PLACE」、「GINZA SIX」などの人気施設も…!非常に利便性の高いロケーションです。

アロフト東京銀座のロビーラウンジRE:MIXは、広々としたオープンスペースにアート作品やハイテクなオブジェクトが並びます。天井には多面体がならぶ変形スクリーンに日本の景色も映し出されており、海外ブランドのスタイリッシュな雰囲気に日本的要素も散りばめられています。全体的にイエロー、パープル、ブルー、グレーを基調としたアーバンな印象のデザインが広がり、こちらはアート×音楽×テクノロジーをコンセプトにしているそう。夜はかなり雰囲気も出て素敵ですよね。。。

こちらはロビーの奥にあるオープンスペース。デスクは幅も奥行きも十分にあり、高速WiFi+コンセントの電源も備わっているためワークスペースとしての利用にも最適!なんといってもこの近未来的なデザインが可愛すぎる。。。また、こちらのパーテーション素材にはイタリアンレザーが使用されており、和洋のモダンな融合も視覚的に味わうことができます。

アロフトは館内のいたるところにアートスポットして確立されており、ネオンやプロジェクションマッピングによる演出で非日常感を味わうことができます。これがホテルの廊下だなんて信じられないよね……?

”銀座モダンアート”が広がるシティビュールーム

アロフトの客室は4室のスイートのほか、ダブル94 室、ツイン108室の全206室によって構成されています。今回宿泊したのはシティビュールーム。客室は白を基調とした室内にラグやソファでカラフルなカラーを取り入れ、壁紙は幾何学な模様がプリントされていました。こちらの模様はブラインドカーテンにも同じ模様が印刷されており、「銀座」と「御幸通」という漢字をモチーフに制作されたアート作品らしい。

作業もストレスなくできるようソファとデスクのすぐ右下にあるなど、コンセントと家具の配置にかなりこだわりを感じました。USBの接続部もあるためプラグがなくても安心ですよ!ちなみにデスクのドロッピングアートもすごくかわいい。。。PC2台で作業しても困らないくらいの大きさでした。

シャワールームにはシャワーヘッドが2種類。天井に設置されたものと従来のシャワーヘッドがあります。そしてシャンプーなどのバスアメニティにはPHAMACOPIAを使用。爽やかでウッディな香り1日の疲れを癒してくれます。少量のミニボトルで設置されており、黄色いボトルパッケージがこれまた可愛いのよ。。。

その他のアメニティとしてはペットボトルの追加のお水はフロントで自由にもらえるということ!普段水をたくさん飲む僕にとってはかなり嬉しいサービスです。。。その時にもらったアロフトオリジナルの紙カップと蓋もすごく可愛いくて…!ちょっとしたものにもデザイン性を感じられるのがアロフトの魅力でもありますね。

アロフト東京銀座のダイニング・バーを紹介!

1階にあるW XYZ Barネオン看板や凝ったライティングが印象的で、まるで宇宙のような空間を楽しむことができます。ソファや椅子などはちょっとずつ雰囲気の違う家具が置かれていてそれもまた良い。。。

こちらは宿泊者以外の利用も可能で、中にはビリヤードなどの遊び道具も設備されている。現在は20時までの営業となっているが、カクテルをルームに持ち帰ることができるのも嬉しいサービスの一つですね!

2階にあるオールデイダイニングThe WAREHOUSEは、インダストリアルデザインが特徴的な店内。迫力のあるウォールアート大きめの照明が空間をより華やかにしています。現在はコロナウイルスの影響もあり、ディナー営業はしていないが、平日はモーニングのみ、週末はランチも営業しているそう!

今回僕たちは朝食をいただきました。モーニングはブュッフェ形式で、サラダやおにぎり、ミニパンなど定番の朝ごはんから、海外ドラマに出てくるようなミューズリー、ドライフルーツブュッフェもありました。やっぱりビュッフェ形式だとワクワクが止まらないネ!!!フルーツもかなりの種類があり、朝から大満足。ちなみにこちらでもオリジナルカップで淹れたてのカフェラテやコーヒーが飲めちゃいますよ…!

続いて紹介するのが屋上階にあるルーフトップバーRoof Dogs。こちらではビールやスパークリングワインなどの泡系のドリンクが多く並び、ホットドッグなどの軽食も提供!奥にはワゴンカーなどもあり、カラフルな壁やインテリアやアップテンポな音楽からは海外のバーを連想してしまいます。夜はこのカラフルな空間にネオンも加わりアメリンな雰囲気も増し増しに…!

訪れた日は天気も良くあたたかい日だったので風が気持ち良かった!スカイツリーがきれいに見えるのもこのルーフトップバーの魅力の一つです!ちなみに雨天時は早めのクローズとなりますが、基本的な営業時間は19時までとなっています!

アロフト東京銀座の評価

デザイン
(5.0)
コンセプト・世界観
(5.0)
リモートワーク環境
(5.0)
設備・アメニティ
(3.0)
コストパフォーマンス
(5.0)
清潔
(5.0)
ロケーション
(5.0)
周辺施設
(4.0)
景色
(3.0)
食事
(5.0)
スタッフの雰囲気・対応
(5.0)
総合評価
(5.0)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

初めてのアロフト系列の宿泊。感想としては、「コスパ」が良すぎる。姉妹ホテルでもあるW Hotelsを彷彿とさせるインテリアやデザインをリーズナブルな価格で体験でき、よりカジュアルな印象でした。また、アロフトなら「ワーケーション」も充実。デザインが洗練されたホテルだと、何かと振り切っている印象がありますが、アロフトには客室のデスクそばにコンセントがあり、ラウンジやバーなどパブリックスペースでも作業ができます。まさに「ライフスタイルホテル」。
銀座という立地なこともあり、周辺施設のアクセスはもちろん、友達とのプチ旅行や仕事帰りの1泊など、とにかく多様的。個人的には「ミレニアル世代」にぜひおすすめしたいです。

注意

・レストラン、バーの営業時間変更。

【The WAREHOUSE】朝:7:00~10:30 (L.O.10:00) 昼:平日 Close   土日祝 11:30~15:00 (L.O.14:30) 夜:Close

【W XYZ Bar】 15:00~20:00(L.O.19:00)

アロフト東京銀座

 〒104-0061 東京都中央区銀座6-14-3

6-14-3,Ginza, Chuo-ku, Tokyo JAPAN104-0061

TEL:03-6278-8122

公式サイトこちら

アロフト東京銀座を一休.comで予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です