note更新しました!

アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話

今回は、東京・世田谷 世田谷美術館で2021.3.20〜2021.6.20の期間に開催されている展覧会『アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話』に訪れました。

アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話

アイノ・マルシオ(1894-1949)が、まだ無名の建築家・アルヴァ・アアルト(1898-1976)の事務所を訪ねたのは1924年のことでした。アイノはそこで働きはじめ、ふたりは半年後に結婚します。アイノがパートナーになったことで、アルヴァに「暮らしを大切にする」という視点が生まれ、使いやすさや心地よさを重視した空間には、優しさと柔らかさが生まれます。

・・・

本展は、これまで注目される機会の少なかったアイノの仕事にも着目することで、アアルト建築とデザインの本質と魅力を見つめ直し、新たな価値と創造性を見出そうとするものです。2020年にギャラリーエークワッド、竹中大工道具館にて開催した先行企画で展示された作品資料も網羅するほか、長年遺族のもとで保管されてきた初公開資料などもご紹介します。

北欧モダニズムの先駆者といっても過言ではなく、数々の名建築を生み出し、さらにはインテリアや家具デザイン、食器のデザインまで多岐にわたり手掛けてきたフィンランドのデザイナー、アルヴァ・アアルト(1898〜1976)。同じく建築やインテリアのデザインを担う妻のアイノ(1894〜1949)。こちらの展覧会では、アルヴァのみの作品の紹介ではなく、互い才能を認め合い、ともに活動を続けたアアルト夫妻の人生、そして作品をたどります。

公式サイトこちら

新古典主義から合理主義的なモダニズム思想へ

建築事務所で働いていたアイノは1924年、当時まだ無名だったアルヴァの事務所を訪ねました。やがて働き始め、その半年後に2人は結婚します。ハネムーンに出かけたイタリアの地中海でみた景色などから、初期の建築は新古典主義に基づく作風でユヴァスキュラの労働者会館などの作品にはその装飾的な様子が見られます。

のちに合理主義的なモダニズム思想へと移行していきました。アアルト夫妻の設計は、この時代に見られる無機質なモダニズム建築ではなく、自然主義的要素を取り入れ、人間のライフスタイルを重視した作品が特徴的です。

初期の作品からモダニズム思想に至った建築まで、模型、図面、説明文と丁寧に記されていますのでアアルト建築について思想の部分から深めることができます。アアルト自邸やマイレア邸など有名建築の図面や模型が数多く拝見できるとても贅沢な展示となっています。

ライフスタイルと木材、そしてアルテック

アアルトの作品を鑑賞する上で外せないのがArtek(アルテック)。Artekは1935年にフィンランドで誕生した家具メーカーで、人と木の温もりを感じるモダン、かつオーガニックなデザインで、曲線的なシルエットが特徴的です。今や世界を代表する北欧家具メーカーとして名を馳せています。

こちらのArtekの誕生秘話も細かに紹介されています。当時には画期的な木工加工の実際の映像や、実際のプロダクトもかなりたくさん展示されており、初めて見たデザインも。展示室内や出入り自由のスペースには実際の部屋のように展示されていて、こんなお部屋に住みたい、、、と胸が高鳴りました。

ギャラリーショップではArtek、ittalaのプロダクトも一部購入が可能となっています。

思わずittala、アイノ・アアルトシリーズのサラダボウルとアームチェア-パイミオの図面が描かれたポストカードを購入してしまいました!

大満足、、、!!!

世田谷美術館とアアルト展

展示会場となっている、世田谷美術館は1900年代後期に活躍した日本を代表する建築家、内井昭蔵氏により設計され、「健康な建築」をモットーとする内井氏は「生活空間としての美術館」、「オープンシステムとしての美術館」、「公園美術館としての美術館」という3つのコンセプトを掲げています。

「生活空間としての建築」を設計するアアルト夫妻と似通ったものを感じ、実寸の部屋を模した展示方法やカーブの壁を球形の部屋に設置するなど、建築と展示がうまく融合していました。

また、世田谷美術館では他にも少し変わった展示をすることもあり、2020/07/04〜08/27に企画された「作品のない展示室」は室内空間と周辺環境の調和が驚くほど気持ちがよく、度肝を抜かれtのを覚えています、、、

まとめ

今回訪れた展覧会『アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話』は、アアルト夫妻の人生になぞらえて25年間の歴史を深く感じることができる場となっています。また、実寸の空間や家具も多く、親しみやすい展示となっているので、これから建築のことを知りたい方の一歩にもおすすめできると言えます。逆に建築が好きな方、私のようにアアルトが本当に好きな方も、普段焦点を当てないようなところからの目線の展示なのでお腹いっぱいになる程楽しめると思います。

また、砧公園と世田谷美術館の建築の関係性にも注目し、一帯の環境自体を楽しんでいただければと思います。

夫婦で互いに尊敬しあい、ともに歩み続けたアアルト夫妻の作品がきになる方はぜひ足を運んでみてください!

アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話

 

〒157-0075 世田谷区砧公園1-2

1-2,Kinutakoen,Setagayaku, Tokyo JAPAN157-0075

TEL:03-3415-6011

観覧料:一般 1200円/65歳以上 1000円/大高生 800円/中小生 500円

開催期間:2021.3.20 〜 2021.6.20(10:00~18:00)

アクセス:用賀駅から徒歩20分・用賀駅からバス10分

 

公式サイトこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です