note更新しました!

【ルームツアー】27歳ジュエリーデザイナー ”DIYで魅せるオレらのアジト” 4DK暮らし

自分の愛部屋を通じて繋がる「キオク的ルーム」

トレンドの最先端を行くインタビュイーのこだわりの部屋を覗き見させてもらい、部屋についてやライフスタイルへのこだわりなどを紹介していくコンテンツ。

そのバトンはまたおしゃれなインタビュイーへと繋がっていきます。

インタビュイー紹介

 

Takahiro Kogure

 

1993年・茨城県出身の27歳。

多摩美術大学環境デザイン学科建築コース卒業後、2019年からクリエイティブチーム「KIENGI 」に参加。

現在はジュエリーデザイナーとしての活動も行っている。

主に粘土を用いた特殊造形に興味があり、仕事と並行して個人的に制作をしている。

趣味は踊ること。大学から始めたダンスも、今では生活の一部になっている。

小暮さんの近況、造形やダンスに興味のある方はInstagram(@takahiro_kogure)でチェック!

玄関に集結!小暮さんの作品とお気に入りの靴について

こちらはお家の玄関部。入ってすぐ左手の棚上には、小暮さんの作品と思われるものがズラリと並んでいます。主にセメントで作った造形物が多く、その他には粘土の作品や花瓶も置かれていました。

ここでは昔仕事で依頼された石板のサンプルや、仕事用の作品も少し置かれていましたが、基本的には小暮さんが趣味で作ったものを置いているそう。また後ほど自室の方でも作品の紹介を行いますが、小暮さんの作品は本当にすごいんですよ。。。

こちらは向かい側にあるシューズの収納スペース。小暮さんは靴のメンテナンスもこまめに行うらしく、シューズ棚の隣にはオイルなどの手入れ用具などが置かれていました。

こちらは小暮さんお気に入りの革靴。YVES SAINT LAURENTの靴で、メルカリでかなり安く売られていたものを見つけ、購入。味が出ている感じがすごくお気に入りでほぼ毎日履いていると嬉しそうに話していました。

男性4人ルームシェア・1階の共有スペースを大公開

小暮さんのお家は2階建てとなっており、現在男性4名でシェアハウスをしている。こちらは1階にある共用スペースのリビング。テーブルの周りにはルームシェアメンバーのそれぞれの私物が置かれていました。

自転車やビリヤード台、大きな工具や石膏像など様々なものが並んでいます。奥はテラスへと繋がっており、左手にはキッチンとリビングを区切るパーテーションが。こちらは自分たちでDIYしたものらしい!元々キッチンとのスペースが変にあったのが気になり、壁際にあったものを移動させたのだとか。

こちらは小暮さんが愛用している自転車で、全てカスタムして自分で作ったものなんです!いや、すごすぎる!!!各パーツをメルカリなどのサイトでバラバラで購入したため、通常の自転車の3分の1の価格で作ったのだとか…!元々フレームが青色で錆びていたものを、やすることでこの淡い色に加工。家の中で、1つのインテリアとしても置けるような色合いにしたそうです。

自分がその時々で好きになったものや似合うものをカスタムしているので、いまだに完成はしていない。それがまたカスタムの醍醐味でもあると小暮さんは話していました。

こちらはパーテーションの向こう側にあるキッチンスペース。4人住んでいるためか、かなりの調味料の数…!皆さん料理は結構する方で、お皿や調味料一式は揃っています。

小暮さんは中華料理をよく作るそうで、「あの明らかに力付く感じのごはんが大好きです」と語っていました(笑)確かにこう見ると中華の調味料が多いですね…!

4日で完成させたテラス小屋!元駐車スペースをガレージにDIY

こちらは外にあるガレージ。実は元々駐車スペースとして使われる空き地に、自分たちで小屋を立てたんだとか!!!屋根とか床も全部ですよ…!?家に取り付けてあった雨戸を活用して屋根にし、床と側面を順番に作成。一番の驚きなのが、ここをガレージにしようと思いついてから約4日で作ったということ…!すげ過ぎ。。。

電気配線なども中から引っ張り照明がつくようになっているため、夜でも使用することができます。夏などは50人ぐらい集まってここでバーベキューなどをするらしい!主に自転車の修理道具が置かれていて、ソファー付近には縄跳びやバドミントン用具、ギターなどもあります。ただ、ギターはルームシェアメンバーは誰も引けないので、一つのオブジェとして置かれているみたい。

クラッシックで淡い雰囲気の自室・小暮さんのマイルームを徹底紹介!

それでは小暮さんの自室を紹介していきましょう!元々客間として使われていたこちらのお部屋は、住む前から床の模様とシャンデリアがあったらしく、それによりかなりクラッシックな印象に。照明は暖色もので揃えられており、全体的に淡い印象を受けました。

こちらは左手の棚の中。上段にはサングラスがいくつか置かれており、下段にはカメラが置かれています。

お気に入りはContaflexのフィルムカメラ。カメラの見た目に惹かれ、メルカリで購入。そこにCanonのネックストラップやOLYMPUSのレンズキャップなどを取り付けていた。意外と違うメーカーのもの同士でもマッチして、かなりワイルドな見た目に仕上がっています。

そして棚の上にはアクセサリー類と香水が。アクセサリーも、最初は棚に一つ一つ丁寧に置かれていたのですが、最近は海賊の宝の山のような光景に憧れ、全てのアクセサリーをガラスの容器に入れているそう。リングなどは自分で製作したものも多く、シルバーやゴールドのものが置かれてありました。

ガラス容器の隣には3種類の香水が置かれています。どれも見た目が美しいものばかり。。。

この右2つの香水には実は深い思い入れがあるそうで、昔、小暮さんのお母さんが使っていたものなのです。小暮さんのお母さんは当時小暮さんが13歳の時に他界してしまい、14年経った今でもお母さんの匂いを忘れないようにこちらに大切に置いているそうです。

そして窓側には小暮さんが仕事で利用されているワークスペースが。デスクの隣の棚にはジュエリーデザインで使用するスケッチブックや鉛筆などの筆記用具が置かれています。学生時代に使っていた設計の道具やノートなどもこちらに大切に保管されていました!

小暮さんは普段趣味の一環としてクレイワークを行っており、粘土を使った造形作品を製作しています。主にクリーチャーをテーマに作品を作っているらしく、この細部のディティールまでに拘った唯一無二の作品は小暮さんにしかできないもの。全部集合すると怖くて奇妙だけど、こんなに素晴らしいものが作れるなんて本当にすごいなあ。。。

小暮さんの造形作品が気になる方は、Instagram(@takahiro_kogure)でチェックしてみてくださいね!

小暮さんのこだわりの身だしなみはどうやって作られる?

かなり個性的な見た目をしている小暮さんは、普段1時間ほど時間をかけて身支度をする。身だしなみには相当なこだわりがあるらしい…!それでは早速紹介していきましょう!

小暮さんのヘアスタイルは全てセルフカット。ほぼ毎朝バリカンで手入れをしているらしい。洗面台の鏡と手持ち鏡を合わせ鏡にして行っており、上にいくごとにミリ単位でバリカンの長さを変え、グラデーションになるように慎重にカットしていく。このヘアスタイルは大体30分ほどで完成し、カット後はそのままお風呂へ直行。カット+お風呂の時間をトータルすると約35分ほどになるらしい。この流れが小暮さんの朝のルーティーンとなっている。

使用しているバリカンと頬用のシェーバーはどちらもPHILIPSを使用。ちなみにこちらのバリカンは同居人の方から借りているものらしい。小暮さんもそろそろ自分で購入しないとな〜と話していました。

次に紹介するのが小暮さんのトレードマークでもある髭について!このカイゼル髭と呼ばれる髭のデザインを、1年以上前から続けている小暮さん。「この髭どうなってるの!?」と不思議に思う方も少なからずいるはず。。。

まずホームセンターで購入した30cmほどのアルミの棒を5cmほどにカットしたものをライターで炙り、直接髭に当てる。それがアイロン代わりとなり、形が作られるようだ。そして髭を固めるのに使われていたのがなんとスティックのり…!!!予想外すぎる登場でしたが、小暮さんいわくワックスなどのどの整髪料よりもガチガチに固まるらしい。。。

そしてこちらも完成するまでに30分ほどの時間を要するらしい。ヘアスタイルと合わせると1時間以上!かなりの時間をかけ、こだわりにこだわり抜くことで小暮さんの完全武装は作られているのだなと感じました。

小暮さんのライフスタイルについて

小暮さんの譲れないものやこだわりはなんですか?

ー結構見た目を気にするので、結構細かいところとかにも敏感ですね。常に自分の見た目をどうにかできないかなって考えていて、洋服とかヘアスタイルとか、それこそ髭とか。一番表面的なところだけど大事なところなので、もちろん中身ありきの表面ですけどかなり気にして生活しています。

休日のライフスタイルについて教えてください!

ー今は結構仕事が毎日あって、丸一日休みっていう日はなくて。でも在宅で自分の好きなものに囲まれてこうやって仕事しているので、もう考え方によっては日々休日みたいなところはあります。こう趣味もたくさんあって、落ち込んだ日には同居人たちと一緒にお酒飲んだり。あとはサイクリングやキャンプだったり外で何かするのも好きです。

将来つきたい仕事、やりたいことなどはありますか?

ー今はこれからできるジュエリーブランドのジュエリーデザインをしているんですけど、近い将来、僕が作ったものが誰かの手に渡って喜んでもらえる、その連鎖が起きたら最高だなって思いますね。

 

まとめ

小暮さんとお部屋について

エリア:東京都

ルームタイプ:4DK+ガレージ

職業:ジュエリーデザイナー

趣味:粘土造形、ダンス、自転車、マインクラフト

好きなブランド:特になし

好きなアーティスト・音楽:mxxwll

リスペクト:特になし

 

この部屋のインテリアを楽天ROOMSで見る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です