note更新しました!

【石垣島おすすめのラグジュアリーリゾートホテル】ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート 宿泊・リモートワークレビュー

今回は沖縄・石垣島にあるホテル、ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート(以下、インターコンチネンタル)に宿泊してきました。

豊かな自然と文化が根付いた島で心の琴線に触れる、出会いと発見に満ちたラグジュアリーリゾート

日本最南端の島、八重山諸島に位置する石垣島の中でも島内屈指のラグジュアリーリゾートホテルです。マエサトビーチの目の前に佇み、9法万坪の敷地には通年ご利用頂けるガーデンプールを始め散策、ショートゴルフを楽しめるフィールドに加え、海洋深層水をトリートメントに取り入れたスパ、インドアプール等、休日を演出するためのレジャー施設を幅広く取り揃えおります。

ハワイと同じ緯度に位置する石垣島は偏西風の影響を受けないため日本初の【星空保護区】としても設定された星空と自然が豊かなアイランドリゾートとしても有名です。また竹富島、小浜島、西表島等の更なる離島までのフェリーで約30分ほどで訪れることが出来、アイランドホッピングの拠点地としても便利です。

インターコンチネンタルの伝統を受け継ぐANAインターコンチネンタル石垣リゾートで自然の恵みに包まれる、ここにしかない滞在をを楽しみください。

ANAインターコンチネンタル石垣は高級ホテルブランド・インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツが展開するラグジュアリーリゾートホテル。

2009年に開業した本館に加え、2020年7月には新館も敷地内に新しく建設。

総面積31ヘクタール(東京ドームの約6倍)と広大な敷地に5つの棟、9つの料飲施設、4つの宴会・会議施設、4つのプール(屋内外)などを有する国内屈指のラグジュアリーリゾートとなっています。

そんなANAインターコンチネンタル 石垣リゾートについに宿泊……!

今回もボリュームたっぷりですが、満遍なく紹介していこうと思います!

公式サイトはこちら

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾートを一休.comで予約する

宿泊日:2021年3月中旬(1泊)
値段:1室54,990円(朝食付き・スーペリア ベイルーム)

石垣島に佇む屈指のラグジュアリーホテル・ANAインターコンチネンタル 石垣リゾートへ到着!

ホテルへは新石垣空港から車で20分ほどで到着。空港からは路線バスやタクシーも出ており、ホテルまでのアクセスにも困りません。ホテル内には駐車場も備わっているので、車で来た際にも助かりますね!

外観は椰子の木などの南国植物に加え、建物には南国ならではの色使いが施されています。そしてなんといってもこの広大な土地。この圧倒的スケールさは都内ではなかなか味わうことができないので、すでに興奮が治りません……!今回はインターコンチネンタルの本館が全面休業だったため、隣にある新館の宿泊レビューとなります!

白を基調とした館内には、スマートでコントラストの効いたインテリア、生命力を感じられる美しいサンゴのオブジェが飾られており、高級かつリゾートさが溢れる空間となっています。そしてフロントのあるロビーには壁一面に大きな窓が。所々開かれた窓からは柔らかな風が吹くたびに白いカーテンが踊るように揺れ、その先には沖縄の青空が一面に広がっていました。1つのアート作品と錯覚してしまうほどの視覚的芸術。。。自然が作り出すおもてなしを目の当たりにしてしまいました。

広大な土地と海の地平線を眺望!高級感溢れる客室で優雅なひと時を。

ホテルの客室は全室458室。各階ごとに客室のタイプが区分されており、石垣島の伝統的な洋式美と高級ホテルブランドのラグジュアリーさが融合した空間となっています。

今回宿泊したのは、最上階にあるスーペリアベイルーム。43.2平方メートルとかなり広くて解放的なこちらの客室は、スーペリアベッドが2つと窓際にはソファー、テーブルも備わっています。フレキシブルで居心地のよいホワイトベースの内装に、空間に溶け込んだスタイリッシュかつモダンなデザインのインテリアが印象的。所々にポイントカラーでブルーが使われているのも可愛く、非常に落ち着ける空間となっています。。。

部屋にあるツインベッドは大人2人で寝るには充分すぎるほどの大きさ弾力性も抜群。。。ベッドに横になった瞬間数分で爆睡してしまい、翌朝は眩しすぎるくらいの朝日と共に気持ちよく起床。まじで毎日こんな生活がしたいヨ!!!!

そしてこの客室の魅力はなんといってもこの眺望!大きな窓の先には石垣島の緑豊かな自然エメラルドグリーンが広がる太平洋が。客室の中から眺めるのは勿論、テラスでドリンクを片手に石垣島のヘルシーな空気と太陽の光をふんだんに浴びながら過ごすのも、この地ならではの贅沢な過ごし方なのではないでしょうか。ちなみに客室内には有料のミニバーも備わっており、お酒やジュース、スナックも各種揃っているので景色を楽しみながらぜひ皆さんも利用してみてくださいね!

プールと海で一足早い夏を満喫!

まだ本島では冬真っ只中の寒さの中、今の時期沖縄の気候はかなり暖かく、すでに初夏の気温を迎えていました。
インターコンチネンタル石垣にはクラブインターコンチネンタルプール、サンセットプール、サンライズプール、インドアプール4つのプールが展開されており、今回はその中でも新しくオープンされたばかりのサンセットプールへと向かいました。

サンセットプールの日中は椰子の木と青空のコントラストが美しく、真っ白なプールサイドが太陽と反射しその眩しさまでもが愛おしく感じられます。ここで泳いで思いっきりはしゃぐことも良し、あまり日焼けしたくない方はビーチチェアでまったりするのも良し。自分の各用途に合わせてゆったりとくつろげるのもこのプールの魅力の一つでもあります。

ちなみに夜は昼に打って変わり、ムードあるロマンチックな空間を楽しむこともできます。夜は気温も少し下がって程よい涼しさ!ちょっとしたお散歩などでプールサイドを歩いてみるのも非常におすすめです!

プールサイドからウエディングの方へ向かうとそのままビーチへと繋がる小道が……!もうサービスがすごいって!!!!ホテルから少し離れ、石垣島の大自然まで味わうことができます。海はサラサラの砂に透明な水面。。。流石に綺麗だった。。。ちなみにこのビーチではシュノーケルやダイビングなど様々なマリンアクティビティも楽しめるらしい!

豪華なビュフェ朝食で1日の始まり・新館に併設されたダイニングを紹介!

ホテル1階に併設されているダイニングSALTIDA(サルティーダ)は、「塩」をメインコンセプトとし、大地の恵(LAND)と海の幸(SEA)をフィーチャーしたスペシャリティレストラン。

朝食はこちらでいただくことができ、なんと嬉しいビュッフェ形式!メインからデザートまでかなりの数が並べられおり、ドリンクも各種様々。沖縄の食材を最大限に生かして作られたお料理はこのホテルでしか味わうことはできません。沖縄の郷土料理に限らずフレンチなものも置かれているので自分の好みに合わせていただけるのも魅力の一つですね。ほんとに美味しそうでしょ。。。

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾートの評価

デザイン
(5.0)
コンセプト・世界観
(5.0)
リモートワーク環境
(4.0)
設備・アメニティ
(5.0)
コストパフォーマンス
(5.0)
清潔
(5.0)
ロケーション
(5.0)
周辺施設
(4.0)
景色
(5.0)
食事
(5.0)
スタッフの雰囲気・対応
(5.0)
総合評価
(5.0)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

注意

・場所によってWi-Fiの接続が弱いところがある。

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾート

〒907-0002 沖縄県石垣市前里354-1

354-1,Maesato, Ishigaki-shi,Okinawa-ken JAPAN907-0002

TEL:0980-88-7111

公式サイトはこちら

ANAインターコンチネンタル 石垣リゾートを一休.comで予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です