note更新しました!

【猿田彦珈琲 調布焙煎ホール】焙煎機の目の前でオリジナルコーヒーを楽しめるカフェに行ってきた

今回は、東京・調布市にあるカフェ、猿田彦珈琲 調布焙煎ホール(サルタヒココーヒーチョウフバイセンホール 以下、猿田彦 調布)に行ってきました

たった一杯で幸せになるコーヒー屋

たった一杯で幸せになるコーヒー屋。
まずは目の前の人を笑顔にすること、
そのための努力は、惜しみません。
一つの笑顔が連鎖していくように、
世界がワクワクで溢れるまで。

こだわりの珈琲を手軽に楽しむことができ、1店舗ごとに個性あふれる空間で至福の時間を提供してくれる猿田彦珈琲。その中でも今回は、谷尻誠・吉田愛率いる広島・東京の建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEが設計したことで有名な調布焙煎ホールへ行ってきました。

そんな猿田彦 調布の魅力をたっぷりとご紹介していきます!

公式サイトはこちら

猿田彦珈琲 調布焙煎ホールを食べログで予約する

平均予算:~1000円

調布駅から徒歩2分!焙煎したてのコーヒーが楽しめるカフェ

調布駅から徒歩2分、2017年、調布駅前にオープンした大型ショッピング施設「トリエ京王調布」内にある、猿田彦珈琲 調布焙煎ホールに行ってきました!
トリエ京王調布はA~C館の3つに分かれており、その中でもっとも駅から離れ、住宅地に隣接するC館1階に店を構えます。店内は150坪という広いワンフロアで、中央付近にカウンターが設置されています。席は、ソファー、椅子、カウンターと様々あり、1人で作業するにも何人かでおしゃべりを楽しむのにも向いています。コンセント設備もあり、Wi-Fiも通っているのでリモートワークにも申し分ありません。

オープンから1時間後くらいにいきましたが、すでに店内は80%ほど埋まっており、2時間程度までの利用をお願いされました。作業しやすい環境ではありますが、やはり人気店なので程よい頃合いで次の方に譲るのがいいのかなと思います!

私はカフェラテと「寿太郎のホットケーキ」2枚を注文!

スペシャルティコーヒー専門店としてハンドドリップだけでなくエスプレッソメニューやオリジナルコーヒードリンク、季節限定メニューなど豊富なラインナップでした。お豆の香ばしさと優しいミルクがたまらない、、、!

フードもシェフの手がける軽食からスイーツ、まで幅広く用意されており、その中でも一部店舗限定(調布、武蔵小杉、立川、日本橋、武蔵小山)で提供されている「寿太郎のホットケーキ」を2枚注文!1~3枚まで選べるのが嬉しいポイントです。シロップは蜂蜜オレンジシロップかメープルシロップから選ぶことができ、今回はシンプルにメープルシロップを選びました。もっちりとしたホットケーキに染み込むメープルシロップに思わずうなりました、、、!

谷尻誠氏が設計!無骨な機械と和の融合した空間

猿田彦 調布の魅力はなんといっても焙煎機の様子が見えコンクリートで構成された無骨さと、格子壁や植物、左官壁の和風の要素がうまく組み合わされた空間。こちらは「Hotel KOE Tokyo」「広島の小屋」などの設計で有名な谷尻誠氏率いる建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICEが設計しました。

一見ミニマルでシンプルなデザインながら、こだわりのテクスチャーが調布という地ならではの温かみを生み出しているのではないでしょうか。また、焙煎ホールや注文カウンターの「内」の空間と窓から見える調布の住宅地の「外」の空間の「間」にある客席の空間は広々として、植物も置かれており、谷尻氏が普段から語る「間」を感じる空間となっていました。

おうちでも楽しめる!猿田彦珈琲のオリジナルコーヒーやグッズ

こんな素敵な体験をおうちでも楽しみたい、、、
店内にはお店で焙煎した猿田彦珈琲オリジナルのコーヒー豆やドリッパーなどコーヒーに関連するグッズ、タンブラーやエプロンなどそのままお店での体験をお持ち帰りできるようなお土産が販売されていました。

こだわりの詰まったコーヒーというものはやはり味も気持ちも変わりますし、毎日の朝の一杯を少し特別なものに変えられるのは魅力的ですね。いくつか違うブレンドのものを購入して飲み比べて自分の好きなものを選ぶのも楽しそう!ぜひ立ち寄った際はチェックしてみてください。

猿田彦珈琲 調布焙煎ホールの評価

デザイン
(5.0)
コンセプト・世界観
(5.0)
リモートワーク環境
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
清潔
(5.0)
ロケーション
(5.0)
周辺施設
(4.0)
景色
(3.0)
食事
(5.0)
スタッフの雰囲気・対応
(4.0)
総合評価
(4.5)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

リモートワーク環境

Wi-Fi:あり

電源コンセント:一部あり

いかがでしたか?

有名建築家の手がけたインテリアを楽しみながら、猿田彦珈琲オリジナルのドリンクをいただくことのできるカフェ。調布という地のアットホームな雰囲気がお店の中にも漂い、ほっと一息。時間がゆっくり流れるようでした。

店内は機械の無骨さと和の要素が融合されており、カウンター、焙煎室から店の外まで、「間」を大事にしたグラデーションを感じる空間です。

ブレンドコーヒーはもちろんエスプレッソやオリジナルドリンクも豊富で軽食やスイーツの用意もしてあるので何度も足を運びたくなります。

Wi-Fiやコンセントも完備されているので作業利用にもおすすめです。

ぜひ足を運んでみてください。

マイナスポイント

・平日でも利用者が多いので2時間制をとられることがある

・コンセントのある席が少ない

〇〇

〒182-0026 東京都調布市小島町2丁目61−1 トリエ京王調布C館1F

TorieKeioChofuC-1F, Kojimacho, Chofu ,Tokyo 2-61-1

TEL:042-444-2632

平均予算:~1000円

公式サイトはこちら

猿田彦珈琲 調布焙煎ホールを食べログで予約する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です