note更新しました!

【ルームツアー】昭和レトロな物件 6畳1Kをデザイナーズ家具で暮らしやすく|1Kインテリアデザイナー1人暮らし

自分の相部屋を通じて繋がる「キオク的ルーム」

トレンドの最先端を行くインタビューイのこだわりの部屋の覗き見させてもらい、部屋についてやライフスタイルへのこだわりなどを紹介していくコンテンツ。
そのバトンはまたおしゃれなインタビューイへと繋がっていきます。

インタビュイー紹介

 

サガワ

1998年・福岡県生まれの23歳。東京造形大学卒業後、現在社会人1年目のインテリアデザイナーとして勤務。独立を目指し日々勉強中。

1970年代前後のカルチャーをこよなく愛する。 どこへ行くにも必ずイヤホンを持っていき、隙あらば音楽を聴いている。 ロン毛パーマがトレードマーク。

近況はInstagram(@gunokotcher)でチェック!

身支度ゾーンにはコレクションアイテムを!魅力的な古物たちを紹介

入り口近くの鏡で毎朝身支度をしているサガワくん。そしてこちらには趣味で集めている古物たちも置かれています。

壁にかかっているのは古物収集家の有名な方が譲ってくれたバイオリン。その方のコレクション展で見つけて手に取っていたら「これ持って帰っていいよ」と、この一本弦のバイオリンを渡してくれたらしい!おそらく昔の教材用として使われていたバイオリン。弦が1本しか残っていない姿が美しく、どこか不思議な印象を受けました。

こちらはサガワくんの地元・福岡県の蚤の市でおよそ7000円ほどで購入した骨格標本。細かく身体の部位について書かれているのですが、古い漢字が使用されているためかなり昔のもののはず!

部屋の長押に置かれた雑貨たち

お部屋の長押には時計や蝶の標本、写真などが置かれています。

蝶の標本は長野県の骨董市で購入したもので、下にある植物の近くに置くことで室内に屋外のような空間を作り出しているのだとか!

そしてこちらはサガワくんが大学時代に住んでいた街の風景を撮ったもの。霧の濃かったある日の朝方に撮影したもので、雰囲気も出ていてなんだか映画のような写真でした・・・。サガワくんは普段からよく写真を撮るみたい!

サガワくんの音楽・書物・植物

こちらの収納棚にはデザイン書や好きな建築家の本、絵本や漫画が置かれています。一番右にはレコードもありました!レコードプレイヤーの音質があまり良くないため、普段はIKEAのスピーカーにつなげて利用しているそうです。

ブラックミュージックや日本の昔のシティポップが好きなサガワくん。ジャンルも偏らず幅広く聴いているのだそう!

上から順に

MELODIES/ 山下達郎

NIAGARA TRIANGLE Vol.2

ALL-STAR SESSION / LIONEL HAMPTON

どれもジャケットが可愛いなあ・・・。

サガワくんおすすめのレコードショップは下北沢にあるフラッシュ・ディスク・ランチ!買うレコードを決めてからではなく、フラっと立ち寄った先でいい曲に出会うことが多いのだとか。

こちらはお気に入りの建築書。こちらはファラ・アトリエの本で、建築物をグラフィックで表現したりなどとても可愛らしい・・・!建築に疎い僕も、それぞれの配色も素敵で目を引くものばかり。見ているだけでワクワクしてきました!

お部屋の角にはかなりしっかりとした大きな観葉植物が!こちらはインターネットで購入したという「シュロチク」という名前の植物。

なぜこの植物なのかというとこの物件周辺に竹林があるそうで、窓を開けた時に竹林が見える繋がりから見た目も竹に似ているシュロチクを選んだのだとか!そして見た目だけでなく名前にも”チク(竹)”が付いているのも買った要因の一つみたい。

和室でこだわり抜いたベッド・部屋のアイコンのあの椅子

こちらはベッドスペース!布団を敷く前提の和室として窓の位置が展開されている為、通常の高さのベッドを置くと窓が隠れてしまう。それが嫌だったサガワくんは、窓枠に被らず、床の色とも相性が良く、そして暮らすうえで使いやすい高さのベッドをインターネットで隈なく探したのだそう・・・!ベッド一つにとことんこだわり抜くのがすごい・・・

こちらは作業スペース兼ご飯などを食べたりするなんでもスペース。赤と白で統一されたデスクト椅子にダークグリーンのスタンドライト。こちらのライトはなかなかアンティークな雰囲気を放っていますが、なんとこちらはIKEAで購入したライト・・・!こちら点けると暖色のじんわりとした灯りが広がり、この和室の雰囲気にもマッチしていますね。

この部屋の“アイコン“ともいえるこちらの赤い椅子。これはヴェルナーパントンのパントンチェアという椅子で、世界初のプラスチック一体型のチェア。美しいアールと完成度は圧倒的…こちらはVitraというショップで購入したものでお値段はおよそ3万8000円。

高い買い物ではあったけど、シンプルかつ造形力のある家具を探して最終的にこの椅子を選んだと話すサガワくん。この部屋に来たときに一番に目が止まるよう、他の家具をあえてシンプルなもので統一したそう。こだわりにこだわり抜いたサガワくんの空間のデザイン。部屋の家具ひとつひとつでも追求することでどんどん面白くなってきますね・・・!

ミリタリーが好きなサガワくんのファッションを公開!

ミリタリー服が好きなサガワくん。

こちらはチェコ軍のミリタリールームウエア!これ一枚にくるまって寝ていたとされるもので、竹などの細かい部分はかなりルーズ。元々は白とネイビーのストライプだったものを、シミが酷かったため後から赤色に染め直したらしい。こちらは下北沢で購入したそうです!

こちらはスウェーデン軍の70年代のミリタリーシャツ。独特な淡い色味が特徴的なシャツで、台湾の古着屋さんで購入したらしい!お気に入りのシャツとして普段からよく着ているそうです。

こちらはサガワさんの家系で代々受け継がれている羽織。こちらは夏用の羽織で生地感も薄く不思議な感じ。家紋も白抜きで入れられており、なんとオーダーメイドの羽織なんだとか!

サガワくんのライフスタイルについて

普段のお仕事・どんな働き方をしていますか?

ー今はアトリエ系事務所という、個人のデザイナーの元で働く事務所で。2〜3人ぐらいの小さな事務所なんですけど、入社してまだ2〜3ヶ月しか経っていないのでアシスタント業務をしています。

普段は物件や飲食店、公共施設などの図面を書いたり、3DCGでイメージ画像を作ったりしています。他の人と比べると仕事内容が幅広いので、自分としても成長できる環境に置かせてもらっているなと感じますね。

サガワさんのライフスタイルの中でこだわり・譲れないものは?

ー僕の場合は「ご飯」ですかね。料理自体は好きなので大体夕食は自炊するようにしていて。忙しい時は簡単な炒め物とかになってしまうんですけど、週の始めに買い出しに行って仕事から帰ってきて作ることが多いです。

将来の理想のライフスタイルは?

ー普通に暮らしたいというか、お金持ちになりたいとかそういう野望はなくて。健やかで、愛のある生活がしたいなと思っていますね。

仕事では独立したいですね。デザインじゃなくても飲食でもいいんですけど、自分のお店というか自分の仕事がしたいというのはあります。

なんで飲食かっていうのも、大学生の時デザイン事務所がやっていたカフェでアルバイトをしていて。内装も家具も全部自分で展開したりだとか。自分でブランドを作ってブランディングしていくというのに憧れがありますね。

まとめ

サゲさんとお部屋について

エリア:神奈川

ルームタイプ:平家

職業:インテリアデザイナー

趣味:音楽 料理 ダンス

好きなブランド:camper freitag

好きなアーティスト・音楽:Romain Laprade(photographer)、山下達郎、chris dave

リスペクト:ティムバートン

この部屋のインテリアを楽天ROOMSで見る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です