note更新しました!

今注目のアーティスト kimukimuさんの個展「PIEN」へ行ってきた!

今回は、6/15(火)~6/27(日)までニュースタアギャラリーで開催されている今注目のアーティストkimukimuさんの個展へ行ってきました!若い世代から大人気のkimukimuさん。展示の見どころや今まで聞くことのできなかったことまで幅広く取材させていただきました。見どころ満載のブログとなっていますので、是非最後まで目を通してみてください!

kimukimuさんのプロフィール

Daisuke Kimukimu
(ダイスケ キムキム)
角のない柔らかなタッチで制作を続けている、
イラストレーター。

1998-静岡県浜松市生まれ
2016-武蔵野美術大学空間演出デザイン学科 入学
2018-油絵学科版画専攻 転科
2020-武蔵野美術大学 油絵学科版画専攻 卒業
2020-大学院造形研究科美術専攻版画コース 入学
現在、同大学第2学年 在学中

 

テーマは「泣き虫」。kimukimuさんの個展「PIEN」の魅力に迫る!

中野富士見町駅から徒歩5分、新中野から徒歩10分でニュースタアギャラリーに到着。落ち着いた住宅街で、お散歩にも打って付けの場所です。
若者の間でも浸透していて、皆さんも1日の間でよく耳にするあろうネットスラング「ぴえん」。kimukimuさんはこの言葉をローマ字の「PIEN」にし、個展名にされていました。このユニークさにも興味をそそられた我々は、kimukimuさんの個展へお邪魔してきました!

 

 

モノクロなイラストにゴールドが映える108点もの作品たち
笑っているのか、無表情なのか、こちらからは伺うことのできないゆるくて可愛い表情に釘付けになってしまいます。モチーフは動物から人間、植物、そして日用品などで皆が同じ表情で涙を流しています。そこからもkimukimuさんの作品へのこだわりが感じられますね・・・。可愛さもありつつ、どこか寂しさをも覚えます。展示方法も壁にビシッと展示するのではなく、お家にあるインテリアに飾られているかのような、アットホームで温かみを感じられる展示で、とても心地の良い空間にもなっていました。こちらに展示されている作品は購入もできるそうなので、お気に入りの作品をお土産に、自分の部屋に飾って余
韻に浸ることもできますよ!

 

 

 

そしてこちらは6/15.16に行われたライブペイントの作品。
kimukimuさんがその場で描かれたイラストが正面の壁と顔はめパネルとして展示されていました。壁に描かれているのは、kimukimuさんご自身をイラスト化させたもの。顔はめパネルはペールトーンが基調となっているほんわかとした印象を持ちました。記念にここで撮影して、思い出作りをしてみてはいかがでしょうか!

更に個展開催中に、kimukimuさんがその場で描いてくれる似顔絵イベントも開催されます!
こちらは以前の個展でも大好評だったらしく、今回は「泣き虫」をメインとした似顔絵を描いてくれるのだとか!これは欲しい・・・。世界に一つだけの自分の似顔絵ってなんだか特別感ありますよね。

似顔絵イベントは6/19.20.26.27の4日間(26日のみ16:00~21:00)で開催されますので、皆さんも是非この日にも足を運んでみてください!
※似顔絵イベントは有料です。

グッズも盛り沢山!kimukimuさんイチオシグッズもご紹介!

 

展示を鑑賞し終わった後は、グッズも購入したくなりますよね・・・。kimukimuさんはポップアップなども行なっており、イベントごとに新しいグッズをたくさん展開しています。ついつい手に入れたくなるよ
うなグッズが勢揃いしている中から、kimukimuさんイチオシのグッズを紹介していただきました!

 

 

まず最初は、チューリップ帽子(2色)。
kimukimuさんが描いたチューリップの模様がアクセントとなっているこちらの帽子。チューリップ模様が施されたグッズは人気だそう。その声に応え、今回は帽子としてグッズ化したそうです!色はどんなコーディネイトにも合わせやすいブラックとベージュの2色展開。今年の夏も暑くなりそうな予感・・・。
お洒落に熱中症対策をして、夏を楽しみましょう!

 

 

お次は人魚のステッカー(3種類)。
カラフルなグッズは滅多に作らないというkimukimuさん。やってみたかったというチューリップと人魚の組み合わせ、ステッカーとして販売することに!ぷくっとした人魚は一つ一つ個性的でそして可愛い。配色もパステルカラーで淡くてソフトな印象に。おとぎ話の人魚姫の切ない物語をも彷彿とさせます。
ステッカーなので、お持ちのノートパソコンに貼ってみたり、スマートフォンのケースに挟んだり、と使い方は様々です。お気に入りのステッカー、もしくは全部購入してオリジナルの使い方を探してみてください!

kimukimuさんの質問コーナー

1.なぜ「PIEN」という個展名にしたのですか?

自粛期間中に大学へ行けず、その間に泣いてる子をイラストをずっと描いていて、それから数ヶ月が経ち、「このテーマで展示してみようかな。」と考えたことがきっかけでした。初めはそのまま個展名を「泣き虫」にしようと思っていたのですが、「PIEN(ぴえん)」の方が発音や書体、感覚的にも自分の性に合っているなと感じたことと、英語の「PAIN(日本語訳:痛み、苦痛)」と「PIEN」の発音や意味、字体が似ていたので、「PIEN」に決定しました!

2.  展示の見所はどこですか?

空間が見所だと思います!今回は自由に好きなようなさせていただけて、小さい作品が展示されている黒い什器は打ち合わせで相談し、その後ニュースタアのスタッフさんがその通りに作ってくれたんです。「ライブペイントをしたい。」と伝えたら、それ用の壁を作ってくれたりなど・・・。本当に感謝しかないです。ニュースタアのスタッフさんと展示を作り上げたといっても過言ではないと思います。僕の好きが詰まった空間を皆さんに感じていただけたら嬉しいです!

3.  これだけは譲れない、kimukimuさんの作品に対するこだわりはありますか?

角のない丸みを帯びた作品ですね!
後、表情は点のみで描いているので、鑑賞者が作品に感情を乗せやすいのではないかなと思います。

4.  美大に行って良かったと思うことはありますか?

出会いが沢山あったことです。いろんな人と出会い、その人伝いでまた新しい人と出会い・・・。そこからどんどん人と人とが繋がっているからこそだと思います。僕がこうして今でも活動できているのは、出会いがあったからこそです!

5.   これから挑戦してみたいことはありますか?

自分のイラストレーションを雑誌の紙面などで起用していただけるようになりたいです。後はいつか絵本も描いてみたいなーと思っています!

まとめ

いかがでしたか?

こちらのブログを読んでkimukimuさんに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。取材をさせていただいた時もkimukimuさんは、とても穏やかで物腰柔らかな方でした・・・。その性格が作品にも表れていますね。これから先もどんな作品が生まれるのか楽しみです!また、この記事では紹介することのできなかったコラボ商品も販売されているそうなので、こちらも要チェックです!
皆さんもkimukimuさんの個展「PIEN」に足を運び、新たな発見やkimukimuさんの「好き」が詰まったアート空間を感じてみてください!
ニュースタアギャラリー

〒164-0012東京都中野区本町5丁目45-3  2F

2F 45-3,Honmachi,Nakanoku,Tokyo,JAPAN164-0012

通常営業:12:00~19:00

定休日:月曜日

【ルームツアー】DIYで大改造!シティーボーイのレトロな秘密基地|平家ペイントアーティスト1人暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です