note更新しました!

【ルームツアー】ヴィンテージ家具とDIY|大学生 1R1人暮らし

自分の愛部屋を通じて繋がる「キオク的ルーム」

トレンドの最先端を行くインタビュイーのこだわりの部屋を覗き見させてもらい、部屋についてやライフスタイルへのこだわりなどを紹介していくコンテンツ。

そのバトンはまたおしゃれなインタビュイーへと繋がっていきます。

インタビュイー紹介

 

達彦

明治大学4年・学生時代は学生団体に所属し、ファッションを中心にフリーマーケットやクラブ等のイベントを開催。

現在は就職活動を終え、来年から広告代理店で働く予定です。

近況はInstagram(@tsukeyakiba_)でチェック!

シティボーイは縦長1Rで暮らす・・・!

まずはリビングから紹介!

1R縦長のこちらの物件は元々収納がほとんど無く、そのためラックのキタジマで購入したラックとダイソーで購入した収納BOXを活用!ダイソーのボックスは折りたたみ式で使い勝手もいいですよね〜

また、向かい側にはフォトグラファーの友達が撮影した写真が額に入れられて飾られています。これは特別に大判で刷ってもらったみたい!この部屋をスッとまとめてくれるような綺麗な写真に惚れ惚れしてしまいました。

最近は部屋の特集などの雑誌を読むのがマイブーム!コロナ禍になってからよく読むようになったと話す達彦さん。出歩くこと制限されてしまっている今、部屋の雑誌を読んで時間を過ごすのもいいですね〜

インテリアスペースには懐かしのカセットプレイヤー

こちらはインテリアスペース!

テレビの横にはRolandのモニタースピーカー、そして隣の棚には懐かしのカセットプレイヤーが置かれています。カセットプレイヤーはBluetooth接続で、こちらは達彦さんのお父さんからもらったものらしい!カセットプレイヤー自体の音はあまり良くないので、今はインテリアとして使っているのだとか。

また、amazonで購入したレコードや、4年間愛用しているDIGAWELの財布。また、グリーンが好きでMister Green Mugも愛用しているみたい!ちょっとした小物系もセンスがあふれてる。。。

1Rを区切って、洗面台をDIY・・・!?

こちらはなんと化粧台をDIY…!もともとの物件自体に洗面台がなく、何かと不便不便だったためご自身で作ったらしい!しかも予算は13,000円ほどと格安。ここにはお気に入りのアクセサリーや香水、レコードなども置かれています!

まとめ

達彦さんとお部屋について

エリア:東京都

ルームタイプ:1R

職業:大学生

趣味:インテリアを観ること、フットサル

好きなブランド:COMME des GARCONS

好きなアーティスト・音楽:色々聴きますが、最近はエレクトロニカやオルタナをよく聴きます

リスペクト:友人

この部屋のインテリアを楽天ROOMSで見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です