note更新しました!

【まるでマリーナベイ・サンズ…!?ホテルアクアチッタナハbyWBF 宿泊・リモートワークレビュー】

今回は沖縄・那覇市にあるにあるホテル、ホテルアクアチッタ那覇byWBF(以下、アクアチッタ)に宿泊してきました。

「アクアチッタ」はラテン語とイタリア語を合わせた言葉で、「水の都」を意味しています。沖縄No. 1のシティーリゾートホテルを掲げており、アクアチッタという名前の通り最上階にはビジネスクラスでは珍しいシースループールが設置されている

沖縄本島の主要幹線道路、国道58号線沿いに佇むアクアチッタ那覇。

レストラン、バー、プール、が併設されているWBF系列の複合型ラグジュアリーホテルとなっています。

今回も満遍なくご紹介していくのでぜひ最後までお読みください!

アクアチッタナハbyWBFについて

宿泊日:2020年7月上旬(1泊)

値段:1室 13,780円(朝食付・スタンダードツインルーム)

駅から徒歩5分!国道沿いのシティーリゾートホテル

那覇空港からゆいレール・美栄橋駅で降り、そこから徒歩5分ほどでアクアチッタへ到着しました。

前日に宿泊したロワジールホテル那覇からは車で6分ほど。

今回宿泊するアクアチッタナハはWBF系列のホテルです。

沖縄本島の主要幹線道路でもある、国道58号線沿いにホテルがあります。

 

外観からすでに見える屋上のシースループール。

やば。。。

ホテルに入ると正面にフロント、右手奥にレストランがあります。

フロントでは外国人スタッフが何人かおり、海外からの宿泊客にも対応できるように多国籍スタッフを配置しているそう。

 

チェックインを済ませエレベーターホールへ向かうと大きな写真が2つ壁に飾られていました。

さらにエレベーターホールは吹き抜けになっていて、各階の廊下に写真が飾られています。

大きなソファーでリモートワーク!スタンダードツインルーム

今回泊まる部屋は5階の503号室。

部屋にはセミダブルベッドが2つ、入り口すぐ右手にソファーがあります。

今回のお部屋はユニットバスです。

広さは19平米ほどで、インテリアが大きめなので部屋自体はあまり広く感じませんでした。

 

部屋のソファーで仕事再開。

テーブルがない分ソファーが広くなっていて、余裕のあるスペースで仕事ができて嬉しいです。

ソファー付近にはコンセントもあり、Wi-Fi環境も整っているため作業環境には困りません。

部屋はアメニティーも充実していたしインテリアも大きくてよかったのですが、想像していたよりも部屋が狭かったです。

 

さあ、仕事が終わり夜ご飯を食べに国際通りの方へ向かいます。

ちなみに国際通りまでは徒歩17分ほどです。

沖縄滞在も残りわずか。

せっかくなので鉄板焼きが食べたい。。。

ということで、「キャプテンズイン」という国際通りにある鉄板焼きのお店で食事をしました。

 

船をテーマにしたカジュアルな店内で、シェフが目の前でステーキや海鮮類などを焼いてくれます!

担当してくださったシェフがコミカルな方で、くっっっっっそいじられましたwwwwww

こちらでの様子はYouTubeをご覧ください!

2人でサーロインステーキとテンダーロインステーキをシェアして食べましたが、ウマなんだわ。

国際通りで鉄板焼きを食べる際にはおすすめです◎

最上階は沖縄のマリーナベイ・サンズ…!?

時刻は21時半。

ついにアクアチッタの最大の魅力である屋上シースループールに行っちゃいます。

 

10階には「BLU NOTTE」というバーが併設されていて、その先の屋外にプールがあります。

こちらのバーは非宿泊者も利用できるみたいで、営業時間は15:00~24:00(ラストオーダー23:00)となっています。

あーもうこれこれ。

昼間にも少しきたのですが、夜はライトアップされて雰囲気が抜群にエエ。

 

そして本当にシースルーだたよ。。。

このプールは那覇で唯一のシースループールらしいです。

 

ガラス張りの壁からは那覇の夜景が丸見え。

え、ちょ、マリーナベイ・サンズじゃん

 

はぁ〜エチだな〜〜〜

ちなみに僕が行った時は思っていたよりも混んでいました。。。週末だからかもしれませんが。

プールは10時〜24時まで営業しているため、日中は那覇市の街並みを眺め、夜は夜景を一望できちゃいます。

プールサイドと入り口を出てすぐ右に行くとテーブル、チェアーも置いてあります。

そして6名ほどが入れるジャグジー付き

 

身体が冷えてしまってもすぐ温まることができて良いですね◎

シャワーが設備されていますが、タオルなどの貸し出しはないため部屋から持参しましょう!

友人、カップルや家族連れの方も楽しめるし、泳ぐのが苦手な方でも屋上からの景色や雰囲気を味わうだけでも充実した時間が過ごせると思います。

 

朝食

朝食は1階にある「BRIO MATTINA」というレストランでいただきました。

普段はビュッフェ形式で、イアタリア料理や地中海料理がメインとなっています!

 

品数もかなり豊富で量も自分で選べるの良い◎

コロナウイルスの影響で今回はやっていませんでしたが、通常だとライブキッチンという選んだパスタとソースを使って目の前で調理してくださるようです!

 

その後部屋でゆっくりした後、11時にチェックアウトを済ませ沖縄散策に出かけました。

今日で沖縄滞在最終日だからね!!!

 

アンテルームでいただいたアートマップを頼りに色々なショップや書房、美術館を回りました。

ぶらぶら巡っていると「浮島通り」でドンピシャなお店を見つけちゃったんです。。。

詳細は前回のブログで紹介しているのでぜひ見てみてください。

 

【沖縄のデザイン・アート・ショップ】沖縄・那覇に行ったら必ず行くべきギャラリー・セレクトショップ

 

 

まとめ

“ホテルアクアチッタ那覇byWBFの評価“
デザイン
(4.0)
コンセプト・世界観
(3.5)
リモートワーク環境
(4.0)
設備・アメニティ
(4.0)
コストパフォーマンス
(3.5)
清潔
(4.5)
ロケーション
(4.0)
周辺施設
(3.0)
景色
(3.0)
食事
(4.0)
スタッフの雰囲気・対応
(4.0)
総合評価
(4.0)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

ホテルの魅力

・屋上のガラス張りのプールが映えすぎ。景色も素晴らしいので泳ぐのが苦手な人も1度はきた方がいい

・プールの設備も充実しているので家族連れや友達、カップルで来ても楽しめる◎

・朝食がイタリア料理や地中海料理とホテルビュッフェでは珍しい

・駅からのアクセスが良い

・ホテルの内観・絵画やインテリアがかわいい

注意

・作業できるのは基本は客室内のみ(自分で設備を整えていればプールでもできる)

・国際通りまでは少し離れている

ホテルアクアチッタ那覇byWBF

〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目2-20

3-2-20Maejima,Naha,Okinawa JAPAN900-0016

FAX:098-866-5600

098-866-5000/+81-98-866-5000

アクアチッタナハbyWBFについて

アクアチッタナハbyWBFを予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です