note更新しました!

【2020年に宿泊したホテルBEST10!全国各地のホテルをランキングで紹介】

こんにちは、Yu_taです。

今年もついに残り1週間となってしまいましたね、、、早すぎる。

様々な生活様式が変わった2020年でしたが、ホテルのあり方も以前と変わってきているのではないでしょうか。

今回はゲスト、そしてリモートワーカーという観点から、僕が今年宿泊したホテル10選をランキング形式で紹介したいと思います!

 

No.10|KIMPTON SHINJUKU TOKYO

選ばれる東京のホテル

最先端のアートやファッションの発信地NYロウアーマンハッタンが常に進化を続ける新宿に姿をあらわし、その景色を東京のクリエイティブシーンへと変える。

「今」を見極める最高のキュレーターがいるギャラリーのように、アートインスタレーション、ポップアップストア、ローカルに愛されるレストランなど、いつも何かが新しく、誰かに教えたくなるようなコトが見つかるホテル。

それがキンプトン新宿東京(KIMPTON SHINJUKU TOKYO)。

新宿という街のあふれるエネルギーを映し出すようなライブ感のあるホテルなのに、中へと足を踏み入れれば、そこは別世界に。

シームレスなサービスはもちろん、気負いない雰囲気とスタイルが両立したテラスバーやラグジュリアスなゲストルームなど、アップグレードされた日常と時を忘れてしまうような空間が、東京の最もアイコニックなエリアである新宿に。

2020年10月にOPENしたキンプトン新宿東京。日本らしからぬ海外風のインテリアも魅力的ですが、ホテルスタッフの方の接客スタイルがすごく印象に残っています!

お客さんのタイプに合わせて接客を変えていて、すごく色々なお話しを聞けました。朝食も無料でサービスしていただいたり、とても良い滞在◎

料金も一休のダイヤモンド会員と予約したプランの特典でなんと+2000円の黒字で予約できました笑

現在もお得なプランで予約できるみたいなのでとてもおすすめしたいです!

 

【日本初上陸!米発・デザイン重視のラグジュアリーライフスタイルホテル KIMPTON SHINJUKU TOKYO 宿泊・リモートワークレビュー】

キンプトン新宿東京

〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目4−7

3-4-7,Nishishinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo JAPAN160-0023

TEL: 03-6258-1111

公式サイトはこちら

キンプトン新宿東京を一休.comで予約する

No.9|LANDABOUT TOKYO

上野公園・浅草・谷根千エリアに囲まれる立地条件の良さや、江戸・東京の古き良き風情と現代の新しさを兼ね備える街として注目される鶯谷の新たなランドマークとなるホテルが「LANDABOUT」です。

「LANDABOUT」は、ホテルという枠に留まらず、国内外を問わず多様な人々が東京の拠点として利用する、身近で新しい出会いに満ちた場となります。

単なるホテルプロジェクトにとどまらず、 “まちの見方を変える「エリアリノベーション」の旗印″となることを目指します。

東京・鶯谷にあるカジュアルライフスタイルホテル。このホテルはデザインや世界観がとてもポップに演出されていて、あまり他にはないデザインのホテルでした!

値段も1人5,000円ほどで宿泊でき、カフェやラウンジ、レストランやバーもあるのでリモートワーク環境も整っています。

リーズナブルな料金でホテルを満喫したい方におすすめです!

【鶯谷の新たなランドマークとなるホテル LANDABOUT TOKYO 宿泊・リモートワークレビュー】

LANDABOUT TOKYO

〒110-0003 東京都台東区根岸3丁目4−5

https://www.youtube.com/watch?v=u_88XlrGQUw3-4-5Negishi,Taito-ku,Tokyo JAPAN110-0003

TEL:03-6802-4431

公式サイトはこちら

LANDABOUT TOKYOを楽天トラベルで予約する

No.8|メルキュール京都ステーション

ホテルのデザインコンセプトは「平安京、貴族の遊び」。この土地がかつて平安京の敷地内であったことから想を得て、平安時代の貴族の遊びであった扇や琴、蹴鞠、百人一首といったモチーフがデザインの随所に散りばめられています。

ホテルに1歩足を踏み入れた瞬間に、貴族たちが時を忘れて遊びに耽った時代の華やかで雅な雰囲気に包まれるような、時代を超えた旅をお楽しみいただけることでしょう。

2020年9月にOPENしたメルキュール京都ステーション。ここはOPEN初日に泊まりに行きましたが、なんといってもコスパが良すぎる。

この時はTrip.comで宿泊予約したのですが、なんと1人2500円程で予約することができました。。。

料金も驚きですが、なんといっても建築がヤバすぎる。

フロントやレストランや近未来的な建築ですが、ラウンジはホテルのコンセプトでもある貴族の遊びを感じることができ、近未来的で日本の「和」を感じられる建築です。

とても圧巻ですので、ぜひ泊まってみて欲しい。。。

【9月16日OPEN!平安貴族の遊び箱 メルキュール京都ステーション 宿泊・リモートワークレビュー】

メルキュール京都ステーション

〒600-8231 京都府京都市下京区油小路町288

288Aburanokoijicho,Shimogiyo-ku,Kyoto-hu JAPAN600-8231

TEL:+81753435533

FAX:(+81)75/3435530

No.7|KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS

元倉庫ビルという文脈を引き継ぎ、
アートギャラリー向けの
開架式倉庫を兼ね備えた
ホテルとして生まれ変わりました。
この開架式倉庫では一部の
アート作品を垣間観ることができます。
多様なギャラリーが集う共用部は、
ひとつのギャラリーとしても
⾒⽴てることができるかも知れません。
ホテルという旅の拠点が、
アートとツーリストの新しい
出会う場となることを目指します。

SHARE HOTELSが運営する KAIKA TOKYO。浅草という立地も魅力的ですが、なんといっても日本では数少ないギャラリー併設型のホテルなんです!

ホテル全体が美術館のようになっており、隅から隅まで様々な形で作品が展示されています。

1番は地下にある作品の貯蔵庫。ここの世界観はマジでワクワクする。ゆっくり展示をみるもよし、作業をするもよし。

自分らしく時間をカスタマイズして過ごせるホテルなのでぜひ泊まりに行ってみてください!

【アートストレージとホテルの融合 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 宿泊・リモートワークレビュー】

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS

〒130-0004 東京都墨田区本所2丁目16番地5号

2-16-5Honjo,Sumida-ku,Tokyo-to JAPAN130-0004

TEL:03-3625-2165

MAIL:kaika@thesharehotels.com

公式サイトはこちら

KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELSを楽天トラベルで予約する 

No.6|K5

「K5」は新しく生まれ変わり始める「日本橋兜町」のHUBとなるような存在として、大正12年竣工の歴史的建築物の重厚で荘厳な雰囲気を活かしたリノベ―ションにより、再び新しい命を吹き込みます。

K5は銀行をリノベーションしたラグジュアリーライフスタイルホテル。

ここの客室は今年泊まった中で1番好きかも。ホテル全体のデザインが感化されているのはもちろんですが、中でも客室は天井高でどこか南国のリゾートホテルに来たかのような開放感とデザイン。レースカーテンやインテリア、家具などとても充実していてとても印象に残っています。

広いので作業もできますし、レコードを流しながら贅沢に時間を過ごすのもあり。

値段は1人15,000円程ですがこの客室は中々他では体験できないかも。

【”5感に訴えかける客室”で話題・圧倒的デザイン性を誇るリノベーションラグジュアリーホテル K5 宿泊・リモートワークレビュー】

K5

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町3−5

3−5,Kabuto-cho,Nihonbashi,Chuo-ku,Tokyo-to103-0026
TEL:03-5962-3485

No.5|SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

晴耕雨読の時を過ごす、田んぼに浮かぶホテル

スイデンテラスが位置する山形県庄内地方は、豊かな自然の恵みで満たされた土地。
いにしえより人々の信仰を集めてきた出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)から流れ込む雪解け水が、麓の庄内平野を潤し、雄大な日本海へ。

水の循環が織りなす、美しい四季が巡る庄内。この土地ならではの文脈を紐解き、
寄り添うスイデンテラスだからこそ感じられる特別な時間。

スイデンテラスは山形庄内を象徴するランドスケープの一つである”水田”から着想を得ており、訪れる方々が、木造2階建ての温もりのある空間の中から原風景を臨み、自然体で過ごすことをコンセプトとした宿泊滞在複合施設です。

こちらは山形にある木造ホテル。設計は建築家の坂茂氏が担当しており、東京では感じることのできない自然のパワーをもらえるホテルです。

このホテルは建築も素晴らしく、水だまりの上に客室が浮いています。。。

これがマジでロマンすぎ。

館内も温泉や図書館など施設も充実しており、レストランでは地元の野菜を使った料理が堪能できるのでぜひおすすめです!

料金も1人9,000円くらいで予約できました。

【”田んぼに浮かぶ山形の木造ホテル” SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE 宿泊リモートワークレビュー】

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

〒997-0053 山形県鶴岡市北京田下鳥ノ巣23−1

23−1Shimotorinosu,Kitakyouden,Tsuruoka-shi,Yamagata-ken JAPAN997-0053

TEL:0235-257424

公式サイトはこちら

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSEを楽天トラベルで予約する

No.4|インターコンチネンタル大阪

インターコンチネンタルホテル大阪は、「コンテンポラリーラグジュアリー」をコンセプトに、新しい体験にこだわり、上質な時間と空間を提供いたします。

インターコンチネンタルは、ホテルは単なる宿泊場所ではないと考えている顧客を惹きつけたいと思っていました。

旅行経験が豊富で、好奇心があり大胆で、そして本物の体験を求めている人々に支持されるために、これまでと異なる、新たなブランドプロポジション “In the know(熟知・精通していること)”が導き出されました。

それはつまり、”インターコンチネンタルは、物事をよく知っている人々、お金では買うことができない本物の旅行体験を大切にしている人々のためのブランドである”ということでした。

インターコンチネンタルグループが運営するインターコンチネンタルホテル大阪。

ここはTrip.cpmで1人7500円程の破格で予約することができました。

大手ラグジュアリーホテルなだけあって、サービスはもちろん部屋もとても広く、書斎があったりするので仕事にも全く困りませんでした。

幻想的なプールで過ごす時間もここでは押さえておきたい。

ホテル自体も20階〜と高層階でロケーションも抜群でした!

Go toでかなり安く泊まれるので、是非宿泊してみてください。

【コンセプトは”コンテンポラリーラグジュアリー” インターコンチネンタル大阪 宿泊・リモートワークレビュー】

インターコンチネンタル大阪

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3−60

3-60 Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka, Japan 530-0011

TEL: 06-6374-5700

公式サイトはこちら

Trip.comでインターコンチネンタルを予約する

No.3|ANTEROOM NAHA

anteroomは「待合室」を意味し、このホテルを訪ねる人たちが、次の目的地に向かうための準備や気持ちを快適に整えることができる「待合室」のような空間を目指し、名付けられたそうです。また、「待合室」の“合”は、ホテルに集う人たちの交流だけではなく、ホテルアンテルーム那覇という特別な時間・空間のなかで、アートやカルチャーとの出“合”いの場としても意味するそうです。

こちらは沖縄にある数少ないライフスタイルホテルです!

コンセプトにもあるようにこのホテルでは沖縄の最先端のアートやカルチャーを感じることができます!

アンテルームのギャラリーはなんと1〜2階全て!

ギャラリーの規模も圧巻ですが、ホテル全体に作品が展示されています。

またコンセプトルームと呼ばれている現地のクリエイターとコラボした客室もあり、各部屋そのクリエイターの個性がとても出ていてすごく面白いです!

また全室オーシャンビューという圧倒的立地。

海とデザインの相性が良すぎる!!!

料金もGo to前に宿泊して5000円くらいだったので今ならもっと安く泊まれると思います!

【宿泊できる美術館「最先端のアート&カルチャー」を発信するanteroom那覇 宿泊・リモートワークレビュー】

anteroom那覇

〒900-0016 沖縄県那覇市前島3丁目27番地11 

3-27-11 Maejima, Naha, Okinawa JAPAN 900-0016

098-860-5151 / +81-98-860-5151

MAIL:info@anteroom-naha.com

公式サイトはこちら

anteroom那覇を楽天トラベルで予約する

No.2|Ace Hotel Kyoto

自然を愛で、芸術と技を尊び、歴史を大切にしながら、進化し続ける京都。
ここにEast Meets Westのコンセプトのもと、建築家 隈研吾、LAを拠点とするデザイン集団コミューンデザインを迎え日本と米国のアーティスト、工芸家、職人たちのクリエイティビティが融合した空間が新たに誕生しました。

2020年6月にアジア初OPENしたAce Hotel Kyoto。

元祖ライフスタイルホテルというだけあってこのホテルには海外のお客さんからカルチャーに敏感な人まで様々な人が集まってきます。

ホテルの設計は隈研吾氏。建築やデザイン、客室などもう言うことなし。

泊まらない理由がない。こんなに帰りたくない・また来たいと思わせてくれるホテルは中々ありません!

また、Ace Hotel Kyotoには新風館という商業施設も隣接しており、買い物も楽しめます。

京都に行ったら絶対泊まって!おそらく、世界のAce Hotelに泊まりたくなるはず。

 

【シアトル発の革命的ホテルがアジア初上陸! Ace Hotel Kyoto 宿泊・リモートワークレビュー】

Ace Hotel Kyoto

〒604-8185 京都府京都市中京区車屋町245-2

245-2Kurumaya-cho,Nakagyou-ku,Kyoto-shi,Kyoto-hu JAPAN604-8185

TEL: 075-229-9000

MAIL:reservations.kyo@acehotel.com

公式サイトはこちら

エースホテル京都を一休で予約する

No.1|TRUNK(HOTEL)

SOCIALIZING

 

TRUNK(HOTEL)は、新しい社会貢献のスタイル<ソーシャライジング>の発信拠点。
<ソーシャライジング>、それは「自分らしく無理せず等身大で社会的な目的を持って生活すること。」

ホテルの内装デザイン・インテリア。客室にあるアメニティやミニバー。ストアで購入できるアイテム、テイクアウトできるコーヒー・・・
ここにあるのは、ソーシャライジングを体感できる様々な仕掛け。

「“誰かのために” “何かのために”なりたい」、そう想い今を生きるすべての人々へ贈るブティックホテルです。

2020年宿泊して1番良かったのは渋谷にあるTRUNK(HOTEL)。

カルチャー発信の街なだけあって、ここにも様々な人々が訪れます。

このホテルに来ると五感が研ぎ澄まされる感覚を味わうことができます。

ホテルを訪れる人々、ラウンジで流れている音楽、ホテルの匂い、様々なレストランの料理、心地が良いプロダクト。

どんなにここで時間を過ごしていても飽きないし、居心地が良いんですよねー。

また、ホテルに関するアメニティーなどのプロダクトやポスターはTRUNK(HOTEL)のインハウスチームが企画しているので本当に全てのデザインがかっこいい。ここが他のホテルとの圧倒的な差かな〜。

やっぱりどんなに良いホテルでもスリッパがペラペラだったり、部屋の水のパッケージが市販のものだと若干テンションが下がりますよね。

そんなファッショナブルな人は今すぐTRUNK(HOTEL)に泊まりに行ってください。

料金も今なら10,000円以下で泊まることもできるので良いホテルに泊まるなら本当に今!

【東京を代表するブティックホテル!”ソーシャライジング”を発信する TRUNK (HOTEL) 宿泊・リモートワークレビュー】

TRUNK (HOTEL)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目31

5-31,Jingumae,Shibuya,Tokyo-to JAPAN150-0001

TEL: 03-5766-3210

公式サイトはこちら

TRUNK(HOTEL)を一休,comで予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です