note更新しました!

【桜新町 OGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)】お気に入りの一杯に出会えるカフェへ行ってきた!

今回は、東京都・桜新町にあるカフェ、OGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)に行ってきました

京都に根付くおもてなしの心を大切に珈琲の味わいの先にある体験価値とコミュニティを小川珈琲のオープンイノベーションの場。常時21種類のコーヒー豆と隔週で入れ替わるトップグレードスペシャリティをご用意しております。店内では「蔵」(コーヒー貯蔵庫)をシンボルとしフェアロースターとして利用可能な店内焙煎機などコーヒーのお楽しみ方を追求する拠点を」目指しています。

そんなOGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)の魅力をたっぷりとご紹介空いて行きます!

OGAWA COFFE LAVOATRYを食べログで予約する

桜新町駅から徒歩7分!伝統的な日本の美意識を詰め込んだカフェ

桜新町から徒歩7分で到着。京都「小川珈琲」、東京初の旗艦店であるOGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)へ行ってきました!
僕たちは14時頃にこちらに到着したのですが、休日ということもありとても混んでいました。20~30分外で並び、アルコール消毒と検温をし入店。先にカウンターで注文をし、お会計もその場でするシステムでした。なんとこちらのカフェ、1人のバリスタがお客様の嗜好に合わせコーヒーを提案、お会計、抽出をしてくれるんです!なんて素敵なおもてなし・・・。その日にしか味わえない自分だけの時間と美味しいコーヒーを嗜むことができます。バリスタの皆さんも制服が白ワイシャツに黒のネクタイでカチッとキマっていて清潔感もあり、かっこいいのです・・・。

席はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席からはバリスタの所作を間近で見ることができます。

建築デザイナー関祐介氏が手がけた空間を堪能!

かの有名な建築デザイナー、関祐介氏が空間デザインを手がけたというこちらのカフェ。
打ちっぱなしコンクリートの内装で、中央にはOGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)のシンボルでもある白い蔵があります。存在感のあるこちらの蔵。「中には何があるのだろうか・・・。」と好奇心を湧かせてくれます。我慢できず覗いてみると、そこにはコーヒー豆がずらりと貯蔵されていました!こちらは蔵をイメージして作られたコーヒー豆の貯蔵庫で、中はコーヒー豆の鮮度を整えるため、温度と湿度がコントロールされているそうです。蔵の中はが少し薄暗い空間もあってか、和も感じられてなんだか神秘的でした。

壁に掛けられているオブジェは木工作家の小山剛さんの作品。木の質感をが生かされている3つの大きなオブジェ。
嵐の前の静けさ。時がゆっくりと流れていく感覚。秒針がゆっくりと進む時計に見えてきました・・・。そして黒と木の自然な色味が美しいコントラストを生んでおり、陽の光に当たるとまた違う表情を見せてくれます。

開放感のある壁一面のガラスのファサード!太陽の光を感じることができるカフェ。

入り口の壁は一面ガラス窓で、右側はファサードとなっているこちらのカフェ。
僕が行ったときは開いていませんでしたが、開いているときはベンチに腰をかけてコーヒーを楽しむことができるそうです。店内のライティングを最小限にし、太陽の光と共に、時間の流れと季節の移ろいを感じることができます。この季節の天気の良い日は気持ちの良いそよ風と初夏を少々感じさせられる日差しが店内を包み込んでいました。

季節によって表情が変化するOGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)。是非足を運んでみてください!

OGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)の評価

デザイン
(5.0)
コンセプト・世界観
(5.0)
リモートワーク環境
(3.0)
コストパフォーマンス
(3.0)
清潔
(5.0)
ロケーション
(4.0)
周辺施設
(3.0)
食事
(5.0)
スタッフの雰囲気・対応
(5.0)
総合評価
(4.5)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

リモートワーク環境

Wi-Fi:あり

電源コンセント:あり

いかがでしたか?

OGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)からは京都を感じさせられる和モダンでヘルシーな雰囲気があり、コーヒーや食事だけでなくアート作品にも触れることができるとても素晴らしい場所でした。

今回行くことができなかったモーニングもとても気になったので、いつか行ってみたいと思います。

皆さんも訪れた際はカフェタイムを楽しみながら、OGAWA COFFE LAVOATRY(オガワコーヒーラボラトリー)ならではの接客スタイルにも注目してみてください!

マイナスポイント

・営業時間短縮中(公式HPに詳細が掲載されています)

・リモートワーク環境は最適だったが、大変混雑していたため日によってはリモートワークやPC作業が難しい

OGAWA COFFE LAVOATRY

〒154-0014 東京都世田谷区新町3−23−8エスカリエ桜新町1階

3−23−8,Shinmachi,Setagayaku,Tokyo JAPAN154-0014

TEL:03-6431-5252

平均予算:550~2000円

OGAWA COFFE LAVOATRYを食べログで予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です