note更新しました!

【日比谷のおすすめホテル】THE BLOSSOM HIBIYA 宿泊・リモートワークレビュー

今回は東京・日比谷にあるホテル、THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム ヒビヤ)に宿泊してきました。

この旅に、この地にひらく感動の花を。

日比谷の空で、会いましょう。それは、見たことのない花である。大きな花である。癒しの花である。時を彩る花である。感動する花である。咲き続ける花である。

東京・日比谷。この街に、新しいランドマークが誕生。THE BLOSSOM HIBIYA扉の向こうに広がるパノラマが、お客様をお迎えいたします。ひとときを、華やかに。

THE BLOSSOM HIBIYAは、JR九州ホテルズ株式会社が立ち上げた新ブランド・「THE BLOSSOM」の1号店として2019年8月に開業されたホテル。

客室は19階〜27階の高層階に位置する客室に加え、館内にはライブキッチンを設けたスタイリッシュなレストラン、フィットネスジム、ミーティングルームなども併設されています。

そんなTHE BLOSSOM HIBIYAについに宿泊!

今回もボリュームたっぷりですが、満遍なく紹介していこうと思います!

公式サイトはこちら

THE BLOSSOM HIBIYAを一休.comで予約する

宿泊日:2021年2月下旬(1泊)
値段:1室15,153円(朝食なし・スタンダードツイン)

ロビーには”花”をモチーフにしたオブジェやインテリア!高層階フロントでチェックイン

JR新橋駅から徒歩5分ほどでホテルへ到着。フロントのある18階までエレベーターで向かうと、エントランスにはホテルの看板と共に金属の彫刻、ロビーには花や木をモチーフとしたオブジェクトやインテリアが多数置かれていました。ひとときに感動の花を咲かせたいという思いのホテル名にちなみ、花柄や花のオブジェクトもその1つとして取り入れているそうです。また、花のオブジェクトはイベントや季節ごとに華道家さんを呼んでデザインしてもらっているらしく、今は春に向けて梅の花を使用した作品を飾っていました!

そして南向きのロビーからは外の光がたっぷりと差し込み、ガラス張りの大きな窓からは都心の景色が伺えます!もうすでに高層階にいるというなんとも贅沢な始まり。。。

全255室・絶景の眺望を誇るTHE BLOSSOM HIBIYAの客室

今回宿泊したのは2422号室のスタンダードツインルーム。部屋にはベッドが2台とクッションチェアとテーブルが置かれています。各客室は高層階かつ大きな窓が設置されているのでビル群の夜景も昼間の広い空も楽しむことができ、東京タワーが臨めるのもポイントなんだとか!この部屋はデイリーユースでリモートワークする方もいるらしく、絶好の眺望でリラックスしつつもかなり集中できそう。

落ち着いた雰囲気の客室は壁の模様が印象的。こちらは和紙で作られており、客室によって色が変化するらしい!ダブルルームは和紙は藍を基調とし、木材も焦げ茶色を使用するなど全体的にシックな印象に仕上げ、ツインルームはイエローを基調とした和紙に、明るいベージュの木材を使用した華やかな印象に仕上げているそう。

シャンプーなどのバスアメニティではスーペリアルームはアロマドールというブランドのもので落ち着く紅茶の香り。デラックスルーム以上だとcarthusiaというイタリア製のものを選んでいるそう!パッケージも花柄で可愛らしいものばかりでした。。。

今回特別に許可を取り、プレミアムツインルームを拝見させていただきました!25~27階の角部屋に設けられた特別なお部屋で、足元から天井まで広がる二面に開かれた窓からは上層階ならではの圧倒的眺望が広がります。広さは61㎡とかなり余白の多いお部屋!

ホテルは記念日にも利用していただくことが多く、事前にご連絡していただければ、タオルアートとメッセージカードをお部屋に飾るサービスもご好評。それぞれの用途に合わせたサービスを提供して下さるのも魅力の一つでもあります。

躍動感のあるライブキッチンと奥行きのある空間!開放感のあるスタイリッシュなレストラン

こちらは18階にあるレストラン・十十六(そとろく)。残念ながら現在は営業休止中ですが、普段は中央にあるライブキッチンから素材を生かした和洋スタイルの料理を提供しているそう。朝食はビュッフェ形式で真ん中にはご飯やお味噌汁も並びます。営業再開したらぜひもう一度宿泊したいな〜

縦一直線の奥行きのある空間作りガラス張りの壁から伺えるパノラマも相まって、元々の広々とした空間もさらに開放的に!南側なので陽の光が本当に綺麗に入る。。。木材と石材を程よく織り交ぜ、和の雰囲気を保ちながらも全体的にシンプルなデザイン。洋風のライトやバーカウンターなどもあるためモダンなイメージも感じさせてくれます。角には大きな窓付きの個室などもありました!

THE BLOSSOM HIBIYAの評価

デザイン
(3.0)
コンセプト・世界観
(4.0)
リモートワーク環境
(4.5)
設備・アメニティ
(4.0)
コストパフォーマンス
(4.0)
清潔
(5.0)
ロケーション
(5.0)
周辺施設
(5.0)
景色
(5.0)
食事
(1.0)
スタッフの雰囲気・対応
(5.0)
総合評価
(4.0)
※こちらの評価は3.0を基準につけています

今回宿泊したTHE BLOSSOM HIBIYA。ホテルのコンセプトに因んだ花のオブジェクトやインテリアが魅力的で、高級感のある内装デザインやホテル作りはラグジュアリーな体験を生み出してくれます。また、リモートワークの相性も抜群で、PCを置いても余白たっぷりの大きなデスクのある客室・18階にあるコンセントも備わったロビーでの作業も可能。デイリーユースでリモートワークをする方も少なくないらしく、絶景の眺望を望みながらの作業は仕事の質も向上してくれる気がしますね。

東京・日比谷に新たなランドマークとして誕生した宿泊主体型ホテル・THE BLOSSOM HIBIYA。仕事やプライベートでのひとときを、ラグジュアリーなパノラマ空間で過ごしてみませんか?

注意

・レストランが営業休止している。

THE BLOSSOM HIBIYA

〒105-0004 東京都港区新橋1丁目1-13

1-1-13,Shinbashi, Minato-ku,Tokyo JAPAN105-0004

TEL:03-3591-8702

公式サイトはこちら

THE BLOSSOM HIBIYAを一休.comで予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です